コラム
COLUMN

運動を継続するコツ

雑学

継続することというのは難しいものですね。
これは運動に限らず、今まで自分が行っていなかったことを新しく始め、それを続けていくこと全てにおいて言えることかもしれません。
運動を始めようと思うきっかけは何でしょうか。
「痩せたい」「健康維持のため」「筋肉をつけたい」などいろいろあると思います。そういった目的があるにもかかわらず、目的を果たせずにジムを辞めてしまう人が多くいます。
では、なぜそれが起きてしまうのでしょうか。

継続できない原因の一つに”目的を達成するための正しい方法が分からない”ことがあるのではないでしょうか?

最近はテレビやインターネット、YouTubeなどで様々な情報が手に入る時代です。しかしどれが正しい情報で、どれが間違った
情報なのか区別がつきません。また思い切ってジムに入会しても何をすればいいのか、またマシンなどの使い方が分からないという方は非常に多いと思います。

入会時にマシンの使い方の説明などがないジムでは、使い方や目的を知ることができず、機材に貼ってある説明書を見ても理解できないため、首を傾げながら運動している人をよく見かけます。
それは他国言語の分厚い本を目にしたときと同じ感覚で、文字を見ることはできても、内容は理解できないことに似ています。
そんな状況ではよほど探究心のある人でないとそれ以上掘り下げていこうとは思えず、その結果あきらめてしまうことに繋がります。これではジムへ行く意欲も出ないでしょう。

次に、今まで運動をしてこなかった人が継続していくためには楽しさを見つけていくことが重要になると思います。何を楽しいと感じるかは人それぞれだと思いますが、以下のことを楽しいと感じる方が多いのではないでしょうか。
・具体的な成果(見た目の変化や実現したい自分の達成、体調がよくなったなど)を得られた
・今までの自分でできないことができるようになった
・運動に没頭することで汗をたくさんかいてスッキリした
・色々な種類の運動をすることで常に異なった刺激を受ける
・運動という共通の趣味を持つ仲間と関わり合いが持てる

<具体的な成果を得られることを求める方>
特に成功体験を得ることが楽しさを見出すきっかけだと考えます。
前回出来なかったことができたり、今までより体重が減っていたりなど、そのような成功体験が楽しさや自信となり継続の手助けをしてくれます。
しかし、具体的に目標がなく、なにか指標にしているものも無い人ではその体験を得ることができず、辞めてしまいます。
例えばマシンをとりあえず片っ端から触っていく人や、毎回メニューが違う人がそれにあたりやすくなります。
毎回ジムに来るたびに十数個のマシンを触り、一周やったら帰る。やる気は素晴らしいですが、全て効果的に運動できている人はいるでしょうか。全部やどれかを惰性で行なっていては、いずれこんなことして意味があるのだろうかと疑問を持ちます。そうなるとそこから続けられる人はよほどいないでしょう。

そして毎回メニューが違う人は前回との比較が出来ず自分がどれだけ出来るようになったかという成果がわかりにくいため、よほどのトレーニング巧者でなければ、同じメニューをやっていき余裕ができたら少しずつ重さや回数を増やしていった方が成果が明確になります。次回の目標も見つけやすくなり、それを毎回繰り返すことがジムへ行く目的となっていくでしょう。

目標を忘れず、成功体験を重ねることで運動が楽しくなっていきます。これはジムでなくとも、他の事柄全てにおいて重要だとは思いませんか。

しかし、それを行うこと自体のハードルというのは非常に高く、一人でそれを跳び越えていこうというのはとても難しいです。そこをサポートしてくれるのがトレーナーです。

トレーナーはあなたの目標やモチベーションに寄り添いサポートし続けます。
その安心感にまかせて週に一回からでもジムに行ってみると、見える世界が変わってくるかもしれません。

<今までの自分でできないことができるようになった>
例えば、扱えなかった重量を上げることができたり、走る距離が増えたりなどがあります。できなかったことができるようになるという達成感や充実感を特に好む方は、「前回より1回でも多く重さを上げること」や「前回より1分は長く走ること」のように無理がなく達成できそうな目標設定をしましょう。小さな目標を毎度積み重ねることで楽しみながら効果を得ることができるでしょう。

<運動に没頭することで汗をたくさんかいてスッキリした>
社会人になると運動習慣がなくなったり、友人と予定が合わず運動を諦めてしまう人もいるでしょう。ストレス社会ともいわれる現代では多くの人がストレスの発散場所を求めています。ジムに行くことで、重りを動かしたり、バイクを漕いだりすることで汗をかき、リフレッシュできるでしょう。有酸素運動のマシンで強度設定をおまかせにすることで、その緩急からたくさん汗をかくことができるのでオススメします。


<色々な種類の運動をすることで常に異なった刺激を受ける>
マシントレーニングだけやバイクだけのようにジムでの運動内容は偏りやすくなりやすい傾向にあります。使い慣れているという安心感があるからでしょうか。新しいものにチャレンジしたいときにはトレーナーに相談してみるとあなたに合ったものを提案してくれるはずです。またスタジオで様々なカテゴリーのレッスンを受けてみるのも新しい刺激を受けることができて楽しめるでしょう。

<運動という共通の趣味を持つ仲間と関わり合いが持てる>
ジムに着いて利用者が少ないとあまりやる気が出ないという方もいるのではないでしょうか。同じ空間で共通の趣味を持った人達が頑張っているというポジティブな環境にやる気を高め、その活気に引っ張られることでカラダが動く人。このような方は友達をジムに誘って一緒に運動したり、スタジオレッスンを受けてその場にいたメンバーと親睦を深めたりすることで自然と交友の輪が広がります。「ジムにいる友達に会いに行く」これも運動を継続するうえで素晴らしい動機です。


大切なことは自分の目的と自分の特性に合わせた運動仕方を知り、実践していくことです。それが結果的に自分が求める目的を達成することにつながり運動が習慣化され、様々な良い変化をもたらします。

名古屋市中川区にある24hフィットネスジム エクサフィット では無理を強いず、一歩だけ前にある目標を着実に達成できるように皆様のサポートをしています。
いきなり入会するのが不安という方は、ジムの無料体験が可能ですのでぜひ一度お越しください。

Page Topへ
WEB入会はこちら